皮脂の存在を知りたい

スキンケアニキビ予防のためにスキンケアをおこなう際には皮脂の存在を意識しなければなりません。この皮脂は必ずどんな人であっても肌に存在するもので、肌の内側から分泌されて肌の表面に存在します。そのため、皮脂自体が悪いものということではないのですが、過剰に皮脂が分泌されてしまうと、それがニキビを作り出してしまう可能性もあるのです。

そもそも皮脂は肌を守るために分泌されているのですが、肌が乾燥すると体内で肌を守らなければならないという防衛反応が生じてしまい、それによって皮脂がいつもよりも多く分泌されてしまうこともあるのです。そうなると肌が影響を受けてニキビを作り出してしまうこともあるのです。なぜ皮脂がニキビを作り出すかといえば、皮脂が毛穴詰まりを起こしてしまうことがあるからです。

ニキビの多くは肌の毛穴に汚れなどがたまってそこにニキビができてしまうわけですが、皮脂がその原因になっていることも多いのです。そのため、スキンケアをおこなうことはニキビを予防するために非常に重要な行為ですが、皮脂の影響力も頭の中に入れながら乾燥させすぎないということも覚えておきましょう。その上でニキビのない日々を目指してみてはいかがでしょうか。

About the author